まんこ 臭い 対策

まんこが臭い人にはこの最適ケア商品で対策しましょう。
MENU

セルフケアで理想のアンダーヘアになる

アンダーヘアの処理の処理は、欧米ではごく普通ですが、日本ではほとんど重視されていません。
最近ではようやく普及が進み、現在の20代のおよそ7割が、何らかの方法でアンダーヘアを処理している
と答えています。

 

ただ、自分では上手くいかないという方は多いと思います。
正しい自己処理の方法で、しっかりとやってみると、とてもきれいになるので
是非とも習得しましょう。

 

 

正しい自己処理方法

デリケートゾーンの問題はとても深刻で、悩むことが多いと思います。
アンダーヘアの処理において最も必要なのが
「理想のアンダーヘアは、正しい自己処理をしなければ得られない」ということです。

 

自己処理とは決して、ファッション的なおしゃれなカット方法などではありません。
見た目にこだわるあまり、処理が甘かったらトラブルを引き起こすどころか
取り返しのつかない事態を招く恐れもあります。

 

 

アンダーヘアの処理は肌への負担が甚大

正しいアンダーヘアを、と推奨される一番の理由は、アンダーヘアの処理は肌へかかる負担が絶大に大きい
という点です。

 

 

アンダーヘアの処理の前に、肌のケアが先

例えばアンダーヘアの処理には、剃刀を当てることも考えられます。
デリケートゾーンのお肌はもともと非常に敏感で弱いうえに、一番弱い性器も間近にある部分です。
そこに剃刀の刃を当てて毛を切るなど、難しくて当然です。

 

ですので、余分な雑菌を取り除いて清潔にするのはもちろん
ホットタオルなどで温めて肌を柔らかく、毛穴を緩くしておくのが肝心なのです。

 

これをやることがまさに、正しい処理の第一ステップとなります。

 

 

そして、剃刀を使うなら絶対にシェービングクリームを使ってください。
シェービングクリームをつけたら、剃刀は優しく、毛の流れに沿ってゆっくりやってください。
剃り方が不安だから、切れてなさそうだからと思って、決して同じ部分に刃を何度も当てないでください。

 

また、デリケートゾーンが日焼けしたと思ったら、非常に不安定な状態ですので
その時はやらないでください。

 

自己処理をするときにおすすめなのが、VIOラインの意識です。

 

 

VIOラインを意識する

アンダーヘアは、やはりVIOラインの意識が非常に便利です。
むしろVIOラインを意識しなくていいなら、それはアンダーヘアの処理とは言いません。

 

これについて一つずつ見て行きます

 

 

1 Vラインを処理する
Vラインから処理していきますが、そこはいわゆるビキニラインです。
下腹部、水着や下着からアンダーヘアがはみ出ないことを意識して処理するときにやるものです。
後述のIやOと比べるととてもやりやすいので、Vラインだけでも自分でできるようになるのがおすすめです。

 

 

2 Iラインを処理する
Iラインは女性器の周辺のことです。
つまり、失敗は絶対に許されず、自信がないなら必ずプロの手にやってもらうべき箇所になります。
生理時の蒸れ、ニオイなどのトラブルに直結しますので、少しでも不安なら
サロンなどに行ってやってもらいましょう。

 

 

3 Oライン
Oは性器よりさらに下、肛門周辺の処理です。
衛生面からしても処理しておきたいですが、難易度は最も高く、非常に難しい部分ですので
自分でやるなら安全第一で、より慎重にやるべきポイントです。
ここも自信がないなら、プロの手を借りてやってもらいましょう。陰部 臭い

 

このページの先頭へ