まんこが臭い人にはコノ対策|最適ケア商品

まんこが臭い人にはこの最適ケア商品で対策しましょう。
MENU

まんこが臭い人にはコレ

まんこが臭い時には膣内のpHバランスをチェックすることをおすすめします。
膣はエコシステムで、正常時にはすべてのバランスがとれていますが、
バランスはデリケートで、ちょっとしたことで簡単に崩れてしまいます。

 

pHバランスとはどのようなことか

pHとは酸性レベルのことで、健康な膣内は酸性でpHは3.5から4.5だと言われます。
なおpHバランスとは、健康な身体を保つために必要な血液や体液の
酸性・アルカリ性のバランスのことです。

 

腟粘膜の細胞にはグリコーゲンが多く含まれていて、
腟内にいる善玉の常在菌であるデーデルライン桿菌は、グリコーゲンを乳酸に変えて
腟内をpH4前後の酸性に保つことで、外部からの病原体の侵入を防ぎ、
侵入した病原菌が増殖できないように腟や子宮を守っています。

 

 

まんこが臭いのは膣のエコシステムが乱れるから

エコシステムが乱れる原因は、石鹸や抗菌剤、熱すぎる風呂やプール、
香水がついたナプキン、膣近くににローションを塗る、
さらには不潔な下着や合成繊維の下着などです。

 

したがって、これらのことに注意して、石鹸を使わずに水やぬるま湯で膣を洗い、
清潔な下着をつければpHバランスが乱れることはありません。
特に、刺激の強い石鹸や香料を含んだ石鹸は、膣からの分泌物を増やますから要注意です。

 

 

極論するとまんこが臭うのは石鹸類のため

まんこに優しいと謳っている石鹸やボディソープなどがありますが、
これらの製品を使う際には膣周辺につけすぎないようにしましょう。

 

デリケートゾーンを石鹸で洗うのは清潔にするという意味では悪いことではありません。
問題はこれらの石鹸などを膣内には使わないことで、
どの石鹸でも膣内のデリケートなpHバランスを乱します。

 

 

ビデはやたらと使わないようにする

ビデで膣を洗浄するのは、時と場合によります。
つまりビデの使い過ぎは膣内の善玉菌であるデーデルライン桿菌を洗い流すリスクがあるのです。
そうなると雑菌が入り込んで繁殖するので、まんこの臭いが発生します。

 

30代になるとアソコの悩みが増える?

人は生まれてから成人になるまでに思春期を経験し、それが過ぎると成人です。
満20歳で成人ですが、選挙権は今回満18歳に引き下げられました。
そうこうしているうちに昔で言う三十路、つまり30代になり、
30代は20代とは違うことが増えてくるようです。
女性の場合、30代は20代の延長線上であると同時にアラフォーに近づく年代で、
いろいろな身体の変化が起きるようです。

 

30代になるとアソコの悩みが増える?

30台の女性で独身の場合、端的な例としてアソコの悩みが増えるようです。
その悩みのひとつがアソコの臭いで、男性には理解できないことですが、
アソコが生臭い臭いを発するようになることがあるようです。
臭いの表現法はいろいろで、カッテージチーズのような臭いとか、
生臭い魚のような臭いと言う表現が当てはまります。

 

 

30代女性のアソコが臭う原因

ところでこのようなアソコの臭いに悩む30代の女性は、不潔にしているからとも言い切れないようです。
アソコが臭う原因はいくつかあり、膣内の分泌液、いわゆるすそワキガ、そして性病などが考えられます。
さらにあまりきれいにしようと石鹸でアソコを洗い過ぎると、
善玉菌が無くなってしまい、結果的にかえって臭いが強くなります。

 

 

30代女性がアソコの臭いを消す方法

そこでアソコの臭いを消す方法ですが、原因が分かれば対処法があります。
たとえば膣内の環境を正常にするとか、思い当たる節があれば性病の検査をするなど、
原因と結果の因果関係を究明して、しかるべき最善の方法を見つけましょう。
女性の30代はまだ、結婚や出産ができる年齢なのです。

 

更新履歴
このページの先頭へ